YK日記 (次世代コラボレーション研究会・・・)

アクセスカウンタ

zoom RSS マリーアントワネットを見ました

<<   作成日時 : 2007/03/05 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 0

画像
画像

新宿武蔵野館でカミさんとマリーアントワネットの映画を見ました。80点かな。昔行ったベルサイユ宮殿で撮ってあるので甘い点です。
主演は、『スパイダーマン』のキルスティン・ダンスト。個人的には嫌いな顔。なんでもてるのかよくわからない。やっぱ演技力なんだろうなぁ。2年前くらいに観た「ロスト・イン・トランスレーション」を撮ったソフィア・コッポラ女性監督が、全編をお菓子やドレスなどで豪華に飾り、音楽もポップに編曲して見せている。いわゆる歴史ストーリー映画ではありません。マリーアントワネットというと、浪費家の女王というイメージが強いですが、本作で描かれているのは、プライベート用のプチ・トリアノンに農場を作り、自然の中で子育てをした、愛情溢れる幸せな母親としての王妃?みたいなものを描いています。
いわゆるマリーアントワネットは、革命側が作り上げた虚像であり、有名な「パンがなければお菓子を食べればいい」という言葉も真実ではなく、誰かの悪口を言うこともない上品な人です、という「誰も知らないマリーアントワネットの真実」を紹介する感じの映画です。
彼女の最初の頃の幼さや孤独感、不安感や品性などはよく表現されています。どれだけ遊びに興じても、上品です。だから捕らえられた後の惨めになる部分は映像が汚れるので?ありません。監督の意向で時代背景などの説明もありません。消化不良の人もいるので、以下に説明してしまいましょう。
ちなみにマリー・アントワネットは自分の乳房に似せてワイングラスを発明しています。また夫の時計好きから、腕時計も発明した発明家であります。
ちなみに、天才音楽家と言われたモーツアルトが子供の頃、母のテレジアの宮殿に呼ばれてピアノを引いた事があったらしく、モーツアルト(6歳)がマリー・アントワネット(7歳)を「僕のお嫁さんにしてあげる」と言ったことがあるといいます。

「この映画の時代背景」
オーストリア皇女マリーアントワネットヌ (1755-1793) はオーストリアのハプスブルク家の皇帝マリア・テレジア(1717-1780)とその夫、神聖ローマ皇帝フランツ1世の間の娘です(第9子)。ちなみにナポレオン1世の嫁さんになるマリー・ルイズは(1791-1847)はマリー・アントワネットの甥の娘です。
当時のオーストリアは、プロイセンの脅威から伝統的な外交関係を転換してフランスとの同盟関係を深めようとしており、その一環として母マリア・テレジアは、マリーアントワネットとフランス国王ルイ15世の孫のルイ・オーギュスト(後のルイ16世)との政略結婚を画策します。しかし、ルイ・オーギュストの父母がともに結婚に反対し、交渉ははかばかしくは進みませんでした。
しかしやっと、反対していた王太子が1765年に死亡し、1769年6月、ようやくルイ15世からマリア・テレジアへ婚約文書が送られました。このときマリー・アントワネットはまだフランス語が修得できていなかったので、神父について本格的に学習を開始したらしいです。当時、フランスは太陽王と呼ばれたルイ14世が作り上げた王朝文化の余韻がまだ残っていた時代。マリー・アントワネットは14世が造ったベルサイユ宮殿で優雅な宮廷生活を送ることになります。さて、ここからが本映画のスタートです。
「本編」
最初はの方は省略。1770年5月、マリー・アントワネット14歳のとき、王太子ルイ16歳との結婚式がヴェルサイユ宮殿にて行われる。(オペラ劇場も建設されたらしい)
結婚生活に胸を膨らませていたアントワネットだが、待ち受けていたのは、終始監視されている「鳥かご」の中の窮屈な生活だった。うわさ話の絶えない宮殿内では彼女を苦しめる世継ぎ問題ばかり。跡継ぎを生まないと認められないのだ。なのに夫ルイは趣味の狩りや錠前作りに明け暮れ、夜ベッドでアントワネットの体に触ろうともしない。「おやすみ」の連発。(実はルイは完全包茎で勃起すると激しく痛みを生じるので、結婚当初はインポテンツ状態。極力エッチな事を考えないようにしていた)
だから15歳で嫁いだマリー・アントワネットには7〜8年間、子供ができなかった。オーストリアの母からもプレッシャーをかけられる重圧の中、ついに先に、ルイの弟に男の子が誕生してしまう。誰にもうち明けられない状況の中、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになっていく。大舞踏会を復活し、多数の外国人を招待。また夜ごとパリの仮面舞踏会に行って踊り明かす。彼女は移り気で享楽的。読書もあまりしないが、音楽は好きだった。嫁いでからもハープを愛奏している。(びっくりするのは作曲もしていたことだ。作品の多くはフランス革命時に焼き捨てられたが、12曲の歌曲がパリ国立図書館に収蔵されていて、近年「それは私の恋人」などの歌曲がCDで知られるようになったらしい)

また映画では一人で入浴しているシーンがある。実はオーストリアには入浴の習慣があったが、フランスには入浴の習慣がなかった。ゆえにアントワネットは、いつものうるさいお付きの人がいない中、入浴を楽しんでいたのだ。体臭に気を遣っていたということも想像される。フランスでは「体臭を消す」というのは香水だった。アントワネットは、当時のヨーロッパ貴族が愛用していたムスクなど濃厚な香りよりも、花やハーブなど香りが現代の香水に近い物を愛用し、流行させたらしい。それは入浴していたからではないかと想像される。(来週からパフュームの映画が始まるので見に行こう!)

さて、結婚4年後、突然、義父のルイ15世が亡くなり、1774年にルイ16世が皇帝となってマリー・アントワネットも予定外の早さで王妃になってしまう。
最悪なことにルイ16世はまだ帝王学を学んでいない。帝王学は、若くして亡くなった長男の王太子に授けられていたからだ。彼の気取らない性格や敬虔さ、誠実さなどは国王としての資質とは別物、カリスマ性もない。
この時、国家財政は既にルイ14世の晩年頃から陰りを見せていたが、祖父のルイ15世時代にポーランドやオーストリア継承戦争、七年戦争などで更に逼迫していた。ルイ16世はこれをなんとか建て直すべく、テュルゴーを財務総監にして国政改革に力を入れるが、貴族・僧侶の抵抗で1776年辞任に追い込まれてしまう。次にネッケルを財務長官にして改革路線を更に推進しようとするが、彼に対しても貴族・僧侶の抵抗は強く1781年、彼も辞任に追い込まれてしまい、ルイ16世は苦境に立たされる。民衆はなかなか進まない改革にイライラが募り、この「ネッケル解任」は彼らの動きを制御不能の状態に押し進めていくことになる。平和の時なら問題にはならないが、こんいう時代ではルイ16世の指導力のなさ、優柔不断さが君主制にとっては致命的となってしまった。映画では「イギリスに対抗する為」と貴族達に言われるがまま、苦しい状況の中でアメリカ独立運動に大金を送ることを認めてしまうルイが描かれている。(本当かなぁ?)

母のマリア・テレジアは、そういう娘の身を案じ、度々手紙を送っていさめ、子供を作るように諭した。しかし、効果は無い。アントワネットはギャンブルにも熱中していき、厳しくなっているフランス王室の財政を更に傾けてしまうことになる。映画で言ってた「月5万ルーブル」とはいくらだろう?(賭博は子が生まれるとピッタリと止めたらしいが)
そんな中、マリーアントワネットの兄がわざわざオーストラリアの母の命で訪ねてきて、直接、ルイ16世と話す(実は包茎手術を勧めたのだ)。フランス王としては、世継ぎが出来ないと言うのは困りものなので、ついに結婚8年目に意を決し(包茎手術を受け)、めでたく待望の子に恵まれる。マリー・アントワネットの出産は信じられないことに公開出産であり、多くの人が部屋に押しかけた。でも最初の子は女子でがっかり、11年目にやっと皇子ができる。だがこの長子も8歳で病死する。

寂しさを紛らわす為に遊びまくっていたアントワネットだが、今度はスウェーデン貴族のフェルセン伯爵(軍人)と「うたかたの恋」、不倫をしてしまう。ベッドで女の喜びを知ったアントワネットだったが、フェルゼンも戦争にでかけてしまう。

アントワネットは友人や家族に囲まれた水入らずのくつろいだ生活をするようになる。しかし、ある意味フランス王妃であることを忘れ、位の高い貴族達を無視し、エッチで遊び付きなポリニャック伯夫人ら、お気に入りの少数の貴族達のみとつきあうようになる。取り巻き連中と王妃の私室や、プチ・トリアノン や 王妃の村里 に籠るようになり、宮廷と疎遠になってしまう。
それゆえ彼女の仲間に加われなかった貴族達は、彼女達を非難し、噂話をでっちあげ広げていった。噂話はヴェルサイユ以外の場所、パリにも意図的に流され、誹謗中傷はひどくなっていく。多くはありえない作り話だったが、結果的にこれらの中傷をアントワネットが無視する作戦に出た為、噂話は留まるところを知らずに誇張され、彼女や王権に対する悪意と憎悪がことさら生み出されていくことなってしまう。映画では「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」がアントワネットが言った言葉ではないことが描かれている。

1785年、マリー・アントワネットの名を騙ったラ・モット伯爵夫人なる女に、大司教や宝石商が160万リーブルのダイヤの首飾りを騙し盗られる有名な事件が起きる。この事件自体にアントワネットが関係していないことは判明したのだが、「国民がこんなに苦しんでいるのに王妃はそんな贅沢をしているのか?」ということになってアントワネットの人気は急落してしまう。彼女が演劇を見に劇場へ行った拍手すると、観客の中から激しいブーイングが起きたりして、彼女は次第好きな劇へも顔を出せなくなっていく。
ちなみに映画の劇場で上演される「フィガロの結婚」は王が上演禁止した作品らしい。アンシャンレジーム(旧体制)社会を辛らつに批判した劇だと言うことで。
(この映画では物の背景が映画でまったく説明していないので、観ている者はわからない。わからないことも、わからないので疑問を持つこともないが)

さて、ここからは世界史としての補足である。1787年国政改革に打つ手がなくなったルイ16世は1615年以来、172年振りに「三部会」を招集することとなる。1788年にはネッケルが国民の声に押されて再任され、1789年1月、三部会の選挙が行われ、5月に会議が開かれたが、ここでも平民代表と貴族代表の対立は解決できず、平民代表は同20日、「テニスコートの誓い」で、強硬路線を確認する。7月に貴族たちの圧力に押されてルイ16世が愚かにもネッケルを罷免すると、国民たちの怒りは爆発する。
1789年7月14日、ついに市民たちがバスチーユ監獄の付近に集結し始める。ここで貴族の一人がルイ16世に「すぐ軍隊を派遣して市民を解散させないと大変なことになる」と進言するが、ルイ16世は、まぬけなので、ことの重大性を認識できずにほったらかし。そこで彼はアントワネットの所に行き「王を説得して欲しい」と言おうとしたのだが、アントワネットは彼がノックせずに部屋に入ってきたことを「礼儀がなっていない」と咎め、話を聞こうとしない。彼は怒りの捨て台詞を吐いて、その場を去り、後に改革派の中心人物のひとりとなったとさ。

ルイ16世が何も対策を取らないので、市民たちはバスチーユ前にあふれ出し、やがて監獄になだれこんで、そこに囚われていた囚人達を解放してしまうことになる。囚人は言論の達者な政治犯ではなくて、強姦魔や詐欺師だったらしい。しかし、このバスチーユ襲撃に呼応して、フランス各地で市民の蜂起が相次いでしまう。
やっと事態を飲み込めたルイ16世は16日にネッケルを再々任するが、遅きに失し、遅かりし由良の助。8月4日、国民議会は「封建的特権の廃止」を宣言、更に26日有名な「人権宣言」が出る。
ポリニャック伯夫人らアントワネットの友達貴族は、アントワネットが残るというので、見捨てて亡命する。彼女に最後まで誠実だったのは、王の妹エリザベートとランバル公妃だけ。いよいよ市民はベルサイユ宮殿に押しかけききた。アントワネットは2階から姿を現し一礼する。
映画は美しい映像とともに、ここで終わりです。

しょうがない、納得いかない自分のために続きを。

10月5日、国王一家はヴェルサイユ宮殿からパリのチュイルリー宮殿に身柄を移される。1790年には貴族制の廃止が決定され、革命はどんどん進行していく。
ここでよせばいいのに、彼女は不倫相手のフェルセンの力を借りてフランスを脱走し、オーストリアにいる兄レオポルト2世に助けを求めようと計画する。
1791年6月、国王一家はパリを脱出。しかし国境近くのヴァレンヌで身元が発覚し、6月25日にはパリへ連れ戻されてしまう。「国王はフランスを見捨てるつもりだったのか?」と、既にほとんど地に落ちていた国王夫妻の人気を絶望的に消滅させ、まだわずかに残っていた国王支持派を転向させることになり、これでアウト。

このショックから、連れ戻された際に彼女の豊かなブロンドの髪は老婆のような白髪になってしまう。1792年、フランス革命戦争が勃発すると、今度は「マリー・アントワネットが敵軍にフランス軍の作戦を漏らしている」との噂が立ち、8月10日、パリ市民と義勇兵はチュイルリー宮殿を襲撃し、マリー・アントワネットとルイ16世、子供のマリー・テレーズやルイ・シャルル、エリザベート王女の国王一家をダンブル塔に幽閉し、国王の権限を停止させる。

実はダンブル塔では、幽閉生活とはいえ家族でチェスを楽しんだり、子供の勉強を見るなど、束の間の家族団らんの時があったらしい。10皿以上の夕食、30人のお針子を雇うなど待遇は決して悪くなく、ハープや浴槽、お気に入りの香水もタンプル塔へ持ち込まれている。なぜなら、マリー・アントワネットに対するフランス国民の怒りは、むしろ革命が始まってから大きくなったからだ。
実は彼女はフランスの情報を実家のオーストリア皇室などに流し、革命に対する策が取れないアホ夫に代わって「反革命」の立場を取り、あえて旧体制を守ろうとした。このことが「フランスの国益を外国に売った裏切り行為」ととられ、死に値する罪状となってしまったのである。彼女自身は王政を維持する為に良かれと思ってした行為であったが、逆に大革命に火を付け、さらに燃え上がらせる結果となってしまうのである。

1793年1月、革命裁判は夫ルイ16世に死刑判決を下し、21日にはギロチンで斬首した。
マリー・アントワネットは牢獄に移され、10月15日には死刑判決を受ける。翌10月16日、髪を短く刈り取られ、両手は後ろ手に縛られ、コンコルド広場に連れて行かれて、ついにギロチンで処刑された。群衆は「共和国万歳」と叫んだという。
その最期の言葉は、死刑執行人の足を踏んでしまった際に発した「ごめんなさいね、わざとではありませんのよ」だったと伝えられる。(最後まで上品な38歳のお嬢さんだった)

ちなみに子供達がどうなったか興味ないですか?
息子である王位継承者のルイ・シャルルはジャコバン派の靴屋シモンにひきとられ、ぞんざいな扱いを受けたといいます。
長女マリー・テレーズはダンブル塔に監禁されていた時に性的暴行を受けて以後子供を作れない体になったとのこと。(本当かなあ?)この時の子は修道女になったそうですが、余りに悲惨な事実のため、フランスでも公然の秘密とされているそうです。その後、マリー・テレーズはシャルル10世の息子で、従弟の王太子アングレーム公の形式的な妻となりましたとさ。
次女ソフィー=エレーヌ=ベアトリクスは夭折。
次男のルイ=シャルルは、ルイ17世となりましたが、ダンブル塔監禁中に病死しました。

昔読んだ「ベルサイユのバラ」を漫画喫茶で読みたくなりました。でも古いので置いてないかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(20件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
無料 動画 無修正 画像
リア・ディゾンの ヘアー無修正画像 発見! ...続きを見る
リア・ディゾンの ヘアー無修正画像...
2007/03/06 03:16
パンスト フェチ のあなたに。
パンスト フェチ のあなたに。美脚で美しい甘美な世界。 ...続きを見る
パンスト フェチ 美脚の誘惑
2007/03/06 08:57
早漏‐北の国から94’
早漏!うめぼしパンチが炸裂!!断言します!実は、カンタンなのに損している人がいます。 ...続きを見る
早漏‐北の国から94’
2007/03/06 11:13
映画「パフューム」画像で紹介
映画『パフューム ある人殺しの物語』が公開された。 クライマックスシーンで、750人もの男女が愛の営みを演じる。壮絶の一言です。 メイキングも。 ...続きを見る
映画「パフューム」画像で紹介
2007/03/06 11:35
包茎とは?
男性は成人してある程度の年齢になると、ペニス先端部の皮膚(包皮)がペニスのつけ根の方へ後退して亀頭が露出するようになります。しかし、何らかの原因により成人しても包皮が後退せず、亀頭をおおったままの状態にあるものや、自発的に包皮を亀頭の根元までひっくり返せないものを「包茎」といいます。それ以外は普通のペニスとなります。なので通常時被っていても根元までめくることができるものなどは包茎とは言わず、普通のペニスなのです。通常時の包皮のかぶり具合は個人差によるものです。どんな人でも小さ... ...続きを見る
包茎なんて怖くない!
2007/03/06 16:52
病院に行かない包茎対策とサイズアップの方法
病院に行かない包茎対策とサイズアップの方法のことなど好きなことばかり やはり恋人がほしい。 ...続きを見る
短小包茎
2007/03/06 20:39
オッパイポロリの麻耶もバンザイ!川田亜子のフリー転身!
これが最後のきっかけとなり退社を決意した、、、と聞きました(^-^;)どっちにしろ、私はどちらのアナも好きなので、どこへ行っても頑張ってほしいものですね(笑)関連動画一覧小林麻耶がオッパイとアソコを晒してしまった放送事故動画 ...続きを見る
オッパイポロリの麻耶もバンザイ!川田亜子...
2007/03/06 21:09
結婚!ラブシーン女優、寺島しのぶの濡れ場紹介
との発言も飛び出した。映画「愛の流刑地」や「ヴァイブレータ」で見せたSEXや自慰シーンを大公開!他の女優にはない本気の色気にあなたもドキドキするはず!! ...続きを見る
寺島しのぶのラブシーン特集!
2007/03/06 21:09
皇后さま、腸壁から出血
心ないマスコミの報道が、かなりのストレスになっているようです。お早い回復をお祈りします。 ...続きを見る
とんみんくん
2007/03/06 23:18
監禁
SM専門!SM動画!SM動画ならお任せ! ...続きを見る
SM動画
2007/03/07 12:46
浮気調査の真相 浮気調査に関する情報リンク集
浮気調査の真相 浮気調査に関する情報リンク集です ...続きを見る
浮気調査の真相 浮気調査に関する情報リン...
2007/03/07 15:17
■スーパーモデルの失敗しようがないダイエット法!!■
ドレスが似合う体型に成りたい方必見!キレイなバスト・スリムな下半身でオシャレなカラダに大変身する方法教えます。 ...続きを見る
この世で一番ストレスのないスーパーダイエ...
2007/03/08 14:18
早漏‐フルアクセルで学ぶ
早漏!最初だけはね…。!断言します!実は、カンタンなのに損している人がいます。 ...続きを見る
早漏‐フルアクセルで学ぶ
2007/03/08 16:22
高須クリニック
包茎の情報をRSSで集めておりますので、トラックバックさせていただきました。 ...続きを見る
高須クリニックの全て
2007/03/09 04:04
【ケータイページでの購入限定ポイント10倍◆3/12 9:59まで】 88%OFF CharlesV...
シャルルホーゲル 10年電池 メンズ時計 ブルー 7833-5【ウォッチ(腕時計)】サイズフェイス 縦:約4cm 横:約4cm(リューズ除)厚さ:約1.1cmベルト幅:約2cm腕周り:最大約17.5cm ...続きを見る
爆安ウォッチ
2007/03/09 19:27
包茎の悩み口コミ情報
生の情報をゲットして包茎の悩み解決! ...続きを見る
包茎口コミ情報
2007/03/09 23:10
薬を一切使わずにわずか15分でED(勃起不全)
知っていましたか? ...続きを見る
秘伝!奇跡のED(勃起不全)治療術
2007/03/18 21:04
音楽をダウンロードしよう! 〜その?〜
”つかえる”インターネットラジオ録音ツール、「仮面舞踏会」の紹介 ...続きを見る
ダウンロード音楽・ド・ペヤング
2007/03/20 21:49
早漏とは(早漏判断)
自分は早漏なのか?そうでないのか?気になる方おられますよねむつかしい事は抜きにして早漏であるかどうかの判断基準をあげておきますと、早漏とは2つの基準を満たす場合を早漏と診断する。パートナーとのセックスで膣内にペニスを挿入してから射精までの時間。)◎ 膣内射精潜時の目安を、通常2分以内とする。◎ 射精のコントロールがほとんど出来ない。必ずしも、そうではないですが包茎の方でセックス経験の浅い方には、当てはまる方、多いのではないでしょうか?!また早漏にも種類があって、・原発性?(元... ...続きを見る
包茎には包茎のオナニーの仕方を!
2007/03/30 17:02
旅行スポット:ベルサイユ宮殿
今回の旅行スポットはフランス:ベルサイユ宮殿です。 ...続きを見る
旅行情報.com
2007/05/31 16:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マリーアントワネットを見ました YK日記 (次世代コラボレーション研究会・・・)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる