ディパーティッド観ました

画像
画像
ディパーティッド家族3人で新宿ミラノ座で見ました。80点。昨日から始まったのに以外と空いていました。まあミラノ座は広いですからねぇ。
(実は先週は銀座に、「あるいは裏切りという名の犬」を見に行ったんですが立ち見だと言うんであきらめて帰ってきました)
香港映画「インファナル・アフェア」3部作のリメイクで、ところどころ原作と違っていましたが、ラストは全く違った結末になっていました。オリジナル版を見ていない方は純粋に楽しめるような気がします。見ちゃった人には、物足りないでしょうね。

舞台を香港からボストンの裏社会に移し、警察とアイルランド系マフィアとの対立を描く映画です。トニー・レオンが演じていた警察側のスパイをレオナルド・ディカプリオ、アンディ・ラウが演じていたマフィア側のスパイをマット・デイモンがそれぞれ演じています。マフィアの親分がジャック・ニコルソン。登場が一番多かったような気がします。

以下は疑問点です。いまいち納得できません。
彼女の子供はどっちの子?2人の彼女が同一人物なんてありえなーい。安易過ぎ。
マフィアの親分の奥さんが原作と違って、何も存在がないよー!
机の上で封筒を動かし(て見)たら、普通、元に戻すよー。見えないようにするよー。安易。
人質連れてエレベーターで1Fに降りたら、ドアが空くときは、もっと注意するだろー!
殺された上司の携帯からの電話に、あんなに安易に出るかなー?出ないよなー。
携帯を2個も持ち歩いていたらばれるだろー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック