テーマ:レイチェル・ワイズ

ファウンテン 観ました

ファウンテンを7月17日にテアトル銀座で見ました。70点。超難解な映画でした。  タイトルのファウンテンとは永遠の生命を約束する「生命の泉」のこと。愛する女性を救うために、16世紀、現代、26世紀の未来の3つの時代にわたって生きる男が、苦悩に直面しながら永遠の愛を探す物語です。(何故、生きているのかよくわかりませんけど) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナイロビの蜂を見ました

「ナイロビの蜂」を見ました。感動の95点。「ナイロビの人々の命は安い」というセリフがありますが、私達の現在の豊かな生活は、世界のどこかの貧しい人々の犠牲によって成り立っているということを痛感させられました。また私を含めて殆どの者は無関心であることを。  原作はスパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレで、彼はアフリカで起こっている…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more