テーマ:映画

舞妓HAAN! 観ました

「舞妓HAAN」を見ました。65点。日曜日にキネカ大森で2本目。 さまざまなルールや、しきたりがある京の「舞妓」の世界を題材にしているのはいいんですが、途中からなんの映画かわからない展開に、飽きてしまいました。眉山の後の2本目なので、まだよかったです。考えないで見てられましたから。 柴咲コウが出演していますが、主題歌も歌って…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

スリーハンドレッド 観ました

「スリーハンドレッド」を日曜日に新宿ミラノ座2で観ました。75点です。 なんで300なのか?と思い見ました、300人のスパルタ兵でした。これからはチラシをよく見てから行きます。 「スリーハンドレッド」はすでに米国と、ギリシャで良好な興行収入を記録しているそうですが、イランでは、祖先のペルシアが醜く暴力的で無能な野蛮人のご…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

ザ・ケイヴ見ました

ザ・ケイヴ見ちゃいました。DVDで夜の10時半から。2004年アメリカです。ディーセントがよかったので、洞窟探検したくて! でも75点かな。パソコンで見るとどうも迫力がないのでダメですね。やっぱりホラーは映画館でないといかん! 「ストーリー」 中央アジアの砂漠キジルクム。男女8人が目指すのは闇に閉ざされた未知の巨大洞穴。ケーヴィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パイレーツオブカリビアン ワールドエンド を観た

6月2日パイレーツオブカリビアンを新宿ミラノ座1で観ました。75点。ストーリーはたいしたことないし大人が見て楽しめるかどうかわかりませんが、現実離れという点では楽しめるし迫力もありました。 高校生の子供とカミさんが大好きなようでTVでも見てDVDも見ています。どうも一回見ただけではストーリーがよく理解できないようです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

しゃべれどもしゃべれども 観ました

5月26日「しゃべれども、しゃべれども」を新宿武蔵野館で観ました。85点。最後はラブストーリーですが結構面白かったです。落語をしばらくぶりに聞けました。日本映画なので、おじさんおばさんがたくさん見に来ていましたね。  映画で説明してましたが、落語家は東京に450人、関西に150人います。東京の寄席はたったの4軒。だから仕事にあ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

主人公は僕だった 観ました

5月20日「主人公は僕だった」を新宿武蔵野館で観ました。80点。 もともと設定に無理がありますから疑問を持たずに素直に観なければいけません。本作は創作における精神世界を忠実に書いた物語でもあります。以外と面白かったです。 物語の主人公は国税局で働くハロルド(ウィル・フェレル。コメディアン?)。 毎朝目が覚めると、32本の歯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gガール観ました

「Gガール観ました」70点。アメリカ的で笑っちゃます。ありえないし。スーパーマンのようなGガールがエッチで嫉妬深いというラブコメディです。 なぜかニューヨーカー達のヒーロー、スーパーパワーで空も飛ぶGガール。実は彼女は、私生活ではシャイで知的な女性。ただし性欲旺盛、ベッドは壊すわ空中セックスはするわ、そのパワーは激しく凄まじい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

墨攻、観ました

墨攻みました。70点。見終わった後、「人間の嫌な部分を観てしまった」という感じでした。中国のドロくさい戦争映画なので仕方ないんですが、見終わった後、スカッとする映画ではありません。なにもかも期待していたのとは違いました。 原作は日本の酒見賢一の小説で、森秀樹(作画)と久保田千太郎(脚本)によるコミックはビッグコミックにおい…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

「僕は妹に恋してる」を観ました

「僕は妹に恋してる」を観ました。新宿武蔵野館。50点。 嵐の松本潤が映画単独初主演で榮倉奈々演じる妹と禁断の恋に落ちる衝撃的なラブストーリーです。原作は人気コミックらしいです。 しかし、はっきり言って男が見る映画ではないです。私は株主優待の券が余ってしまうので仕方なく見たんですが、レンタルDVDで十分です。ちょっとがっかり。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モンスターハウス観ました

モンスターハウスを親子3人で新宿武蔵野館で見ました。点数は難しい。70点。 あのスピルバーグが製作総指揮を務めた、モーションキャプチャー・CGアニメーション。最先端技術はスゴかったです。キャラクターの仕草や表情まで、実にリアル。実写を見ているようでした。 3人の子供が繰り広げるアドベンチャー、悲しい秘密など、物語も感動的で大人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリーダムランド観ました

新宿でフリーダムランドを観ました。85点。良かったです。 アフリカ系住民が大半を占める団地内で起きたカージャック事件を皮切りに、さまざまな問題が露呈するヒューマンミステリー。全米で話題騒然となったベストセラー小説の映画化です。 映画の冒頭では、深夜の暗い道を、手を血まみれにした白人の女が、うつろな表情でさまよっています。「何?」…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「筆子・その愛 天使のピアノ」見ました

「筆子・その愛 天使のピアノ」見ました。70点の及第点。まあ教育映画ですからね。 前作「石井のおとうさんありがとう」で、児童福祉の父-石井十次を描き、あたたかい感動を味会わせてくれた山田火砂子監督が、今度は「障害児教育の母-石井筆子」の生涯について撮りました。障害を持つ子供たちの生活を守り、教育を施して独り立ちさせる活動に生涯…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

「大奥」見ました

銀座東映で大奥見ました。85点。良かったです。そうそうたる顔ぶれで、いい味出してます。この間のTVドラマは1回目を見てかったるくて、その後見ませんでしたが、これはいいですね。高島礼子や松下由紀、杉田かおるも、演技がうまいですね。さながら極道の妻みたいでした。 ストーリーは、1712年、第7代将軍家継(5歳位)の後見人となり幕府の実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛の流刑地を見ました

「愛の流刑地」見ました。85点。面白かったです。いやー邦画ががんばってますね。 これって日経新聞の朝刊に連載されていたんです。略称は「愛ルケ」らしいです。 ベストセラー作家、村尾菊治(豊川悦司)は長年のスランプに悩まされていた。妻(高島礼子)と別居して10年以上経ち、今は大学の講師で生計を立てている。ある日、雑誌記者の魚住(…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「それでも僕はやっていない」見ました。

「それでも僕はやっていない」を池袋テアトルダイヤで見ました。30分前には着きましたが混んでました。折り畳み椅子は持っていきましたが一番端に座れて良かった。 面白いというかドキュメンタリーみたいな映画でした。実体を教えてもらって勉強になったこともあり85点。この後どうなるのか続編を見たいです。今度は検事側の視点とかもいいですね。「ス…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

シャーロットの贈り物観ました

シャーロットの贈り物観ました。以外と面白くて85点。 もともと児童文学の世界で「生と死」をとりあげたファンタジーの古典ともいうべき最高傑作と言われています。 なにより、登場する動物は最初、本物と思ってしまったくらいの最新CGI技術。すごい映像でした。 ストーリーは、主人公の子ブタ・ウィルバー。これがかわいい。生まれつきひ弱…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NANA2観ました

NANA2観ました。80点。まあまあです。 市川由衣のハチはともかく、やっぱりレンは松田龍平でしょう!カリスマ感が無かったです。 最後のライブは盛り上がったけど、いまいち曲がよくない。そもそも中島美嘉はルックスはいいけど、歌唱力がないような気がする。伊藤由奈の方がうまいね。今回も。 もっとも小柳ユキとかミーシャとかが好きな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

武士の一分観ました

カミさんと武士の一分を木場のイトーヨーカドーで観ました。80点。まあまあでしたね。 ストーリーを引用すると、 「下級武士の三村新之丞は、妻の加世と穏やかな生活を送っていた。しかし、藩主の毒見役を務め失明。妻が家禄を守ることと引き換えに、番頭の島田藤弥に弄ばれたことを知った彼は、目が見えぬ体で島田に果し合いを挑む」という感じ。 目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラダを着た悪魔を見ました

元旦に新宿の武蔵野館でプラダを着た悪魔を観ました。85点。良かったです。 見どころは、一流ファション誌のカリスマ編集長ミランダを演じるメリル・ストリープと、そのアシスタントを演じるアン・ハサウェイの競演です。 さすがにメリル・ストリープ! 一流ブランドを難なく着こなし、颯爽と歩き、仕事ができる姿は、実にカッコイイよかったです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イカとクジラを見ました

イカとクジラを見ました。65点ですね。 普通のだらしない家庭を描いていると思いました。 次男が特徴があり過ぎではないでしょうか。 まあ、親が勝手な人達だと子供に悪影響を与えるという、子供を持っている親には 考えさせられる映画では有りましたが、面白かったとは思いますが、うーん。 まあ招待券ならともかく1800円払って観る映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬愛なるベートーヴェン見ました

敬愛なるベートーヴェンを見ました。70点です。 第九のコンサートが女性の助手?のおかげで成功した終了時は感動しました。 ベートーベンが音楽以外はどうしようもない人として描いてありましたが、 ピアノを10年やっていた私にとっては、もうちょっとカッコよくして欲しかった・・・
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

007カジノロワイヤル見ました

007カジノロワイヤル見ました。90点。 長かったけど、メッチャ面白かったです。迫力もあったし。 最初は行く気は無かったんです。バカにしていました。何代目? またかよ、てな感じで。 中学高校時代からありましたし。ショーンコネリーで。 しかしカミさんと息子が面白いらしいよ、というので行ってみたら、ア・タ・リ! 女優のエバ・グリー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

硫黄島からの手紙見ました

硫黄島からの手紙見ました。75点というところでしょうか。 日本人の悪いところも米国人の悪いところも書かれてあり、 それなりに面白かったです。 あまり悲惨なシーンはなかったので安心しました。 ただトンネルを掘る作業の大変さが、まるでなかったのが 残念です。 山の上の旗の取り替えシーンもなかったように思います。 アメリカが投降…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雨音にきみを想う、を見ました

雨音にきみを想うを見ました。本日2本目。うーん。45点くらいかな。カミさんもダメだししましたね。武蔵野館もよくこんな映画見つけてくるなー。14時からなのに客も全然入っていませんでした。ガラガラ。  噂では、「台湾ドラマで一躍ブレイクし、日本でも人気急上昇中のスター「ディラン・クォ」の映画初主演となる純愛物語。裏社会に生きる孤独な青年と…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

ウインターソング見ました

ウインターソング見ました。うーん。50点くらいかな。 「ミュージカル仕立てのラブストーリーで有名な監督で豪華キャストが美声を惜しみなく披露するミュージカル・シーンと、美しい映像に要注目」という話でしたが、もりあがるというか感動するシーンはないし、日本人には合わないと思いますね。まあ試行錯誤的な映画の作りになっているからかもしれないけど…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

「手紙」見ました

「手紙」見ました。85点でしょうか。3回泣きました。ラストは号泣。最初の頃は話の展開がいまいちでしたが。東野圭吾原作の映画でドラマ「タイヨウのうた」の山田孝之と沢尻エリカがまたかの競演です。小説では主人公の弟は「イマジン」を歌ってバンドをやっているんですが、映画では著作権がある為か漫才師でした。  犯罪を犯せば、被害者やその家族の苦し…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

トンマッコルへようこそを見ました

本日2本目、テアトル大森で「トンマッコルへようこそ」を見ました。90点。 緊張、笑い、ほんわか感、友情、悲しみ、感動、いろいろあって、本当によかったです。 最後は、スミスが「急いで連絡しようとしている」ように見えなかったのが残念でした。  この映画は朝鮮戦争が舞台、最初と最後に戦闘シーンや残酷なシーンがあります。 トンマッコルは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

佐賀のがばいばあちゃん見ました

本日の1本目、佐賀のがばいばあちゃん、をテアトル大森で見ました。80点。 まあまあでしたね。文科省推薦ですし。 ストーリーは大人になった明広(三宅祐司)が電車で子供を見て子供の頃を思い出します。 戦後の広島で原爆症で父親を亡くした主人公の泣き虫の明広(次男)の中学卒業までの物語です。広島の居酒屋で働く母親(工夕貴藤)にとって、…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

幸福のスイッチ見ました

本日2本目。テアトル新宿で「幸福せのスイッチ」を見ました。80点です。 日本の映画にしてはわかりやすかったし、若い女性の安田監督(70年奈良生まれ)ということですが、なかなかよかったです。恋愛とかないけど、ほのぼのーとします。 未熟な次女が、父親が長年大事に大事にしてきたお得意さん達とふれあう中で、父の普段の仕事ぶりというのが、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ナチョ・リブレ見ました

新宿のタイムズスクゥエアでナチョ・リブレ見ました。45点です。カミさん見なくて正解でした。 ドタバタギャグ映画ですが、それでも笑えない。あまりの駄作であきれました。笑ってるやつなんか殆どいなかったですね。 貧乏なはずなのに、太った孤児や主人公。ろくに努力もせずチャンピオンと戦って勝っちゃう。メキシコのルチャ・リブレはそんなもの? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more