YK日記 (次世代コラボレーション研究会・・・)

アクセスカウンタ

zoom RSS フリーダムランド観ました

<<   作成日時 : 2007/02/04 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像
新宿でフリーダムランドを観ました。85点。良かったです。
アフリカ系住民が大半を占める団地内で起きたカージャック事件を皮切りに、さまざまな問題が露呈するヒューマンミステリー。全米で話題騒然となったベストセラー小説の映画化です。
映画の冒頭では、深夜の暗い道を、手を血まみれにした白人の女が、うつろな表情でさまよっています。「何?」と思うこのよくわからないシーンが重要で、これからの映画の展開を物語っていますから見逃さないでください。
フリーダムランドを見ました。70点。ストーリーは、ニュージャージー州の低所得者向け団地で、カージャック事件が発生し、事件の被害者であるシングルマザーの白人女性ブレンダ(ジュリアン・ムーア)が、奪われた車の後部座席に幼い4歳の息子が眠っていたと打ち明ける。
この団地に住む黒人が子供を誘拐したに違いない決めつけた白人警官達は団地を封鎖し、これに反発した住民との間で緊張が高まっていく。
一方、人々から信頼されている黒人警官ロレンゾ(サミュエル・L・ジャクソン)は、ブレンダが何かを隠しているとにらみ、行方不明になった子供の捜索を行なっているボランティア・グループの協力の申し出を受ける。ロレンゾは、犯人扱いされた団地の住民たちと差別感のある警官の間に走る緊張感を案じながら捜査にあたるが・・・

役者が迫真の演技で、シリアスなドラマを盛り上げていましたが、背景にたくさんの問題を浮き上がらせていて社会問題を提示していると感じました。
まず舞台となる低所得者向けの団地には、根強い人種差別が反映されています。
またブレンダは気弱で主体性に乏しいシングルマザー。不安だらけで、他人に頼らなければ生きていけない。その脆弱な精神がこの事件を生み出すわけですが、社会から孤立する貧乏な白人階級の問題も浮き上がらせています。
そして、子供を誘拐され殺された母親がいかに多いかも。
誘拐事件に関係した親達のボランティア団体が主導してブレンダの息子を探しに行く所が「フリーダムランド」と呼ばれる養護施設の跡地ですが、これがまた虐待の跡を残しています。

実はこの場所がタイトルになっていますが、事件とは直接的に関係有りません。ということからも作者はこの事件のことだけを言いたかったのではないことがうかがえます。
ただ、あれもこれもと、様々な社会テーマを詰め込んでしまい、消化不良になってしまったような気もします。でも最後は息子とダブッて感動し少し涙してしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「フリーダムランド」:壊れゆく母親
監督:ジョー・ロス 出演:サミュエル・L・ジャクソン、ジュリアン・ムーア 米国2006年 かなり不評率が高い映画である。賛否は1:9か2:8ぐらい。 事前の印象 ...続きを見る
ひねくれ者と呼んでくれ
2007/02/22 06:52
フリーダムランド
 『消えた少年、 目撃ゼロ、 痕跡ナシ、 唯一の手がかりは母親の証言だけ …何かが、違う。 真実が呑み込まれていく、迷宮のヒューマンミステリー。』  コチラの「フリーダムランド」は、リチャード・プライス原作の同名ベスト・セラー小説の映画化で、サミュエル.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2007/09/03 22:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フリーダムランド観ました YK日記 (次世代コラボレーション研究会・・・)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる